インターネットファックスというのは従来までの電話回線ではなく、インターネット回線を使用してのファックスなので、無料で送ることが可能です。紙媒体として出力することもできますし、もちろんPDF形式でそのまま電子情報として送ることも簡単です。

 

スマートフォンで考えるとわかりやすい通り、電話回線のときとwifi回線のときでは速さや重さがまったく違います。電話回線は動画をちょっと再生していたらすぐに通信量が制限されたなどという経験をもっている人は多いはずです。
 
最近は電話自体もネット回線でのサービスが普及してきており、電話回線の存在意義が薄まってきています。

 

インターネットファックスはクラウド

インターネットファックスを利用するには業者に依頼することもできますし、独自にサーバーを設置することも可能です。そして、業者に依頼する際にはその業者がもっている物理サーバーの一部を借りることになりますが、その際にクラウドという概念が出てきます。

 

最近はよくアップルのクラウドサービスの話なども耳にするはずです。そうするとインターネット上にデータを保存するということを言っているので、あたかも宙に浮いてデータが保存されていると思っている人もいるでしょう。

 

しかし、そもそもインターネットで検索して見れる情報というのは必ずどこかの物理サーバー上にあります。なぜかというと、インターネットというものは物理サーバー同士をつないでできている巨大ネットワークだからです。世界中のどこかにある物理サーバー同士がつながっているから、検索した人がいろいろな情報を見ることができるようになっています。

 

そして、クラウドというのはあたかも物理サーバーがあるかのように仮想的にサーバーを設置している状況です。

 

魔法のように思えるかもしれませんが、実際は物理サーバーの一部の領域を仮想的に割り当てているだけなので、無限にデータを保存できるというものではないです。

 

物理サーバーをソフトによって、あたかも別の物理サーバーがもう一つあるかのようにネットワーク上に位置付ける技術というように思っておく良いはずです。

 

名前がかっこいいので魔法のように空中にデータを保存している感じがしますが、実際はまったくそんなはずはないということです。

 

レンタルサーバで個人でも利用可能

 

 

最近は上述のようなサービスが普及しており、一番わかりやすいのは個人でも簡単にサイトを作成できるようになっているということです。

 

無料ブログサイトに自分のサイトを無料で設置することもできますし、レンタルサーバーといって、サーバー業者のサーバーの一部の領域を借りてそこに自分のサイトを置くことも可能です。

 

どう違うんだと思うかもしれませんが、前者の無料ブログサイトを利用した場合はサイトの所有権がブログサイト運営者の方になります。所有権が自分にあるわけではないので、ある日突然消さりたりするということです。

 

そして実際に消される可能性というのは高く、更新の頻度が低かったりサイトのコンテンツの質が低いと簡単に消されます。なぜ消すのかというと、無料ブログサイト運営者の収入源は広告収入で、サイトを作成した人のページに広告を設置しています。

 

なので、そのページに人が訪れて広告をクリックしないと収益にならないということです。そして、もちろん物理的な領域も限られているので、あまり良くないサイトを消して、新しい人に貸した方が良いというような感じになります。
 

サーバーの領域を使ったビジネスです。そして、後者のレンタルサーバーを使用した場合にはサイトの所有権が自分になる代わりに低額で多少のレンタル料が必要になります。この場合はレンタルサーバー業者の収益源がレンタル料になるので、サイトを消す必要もなく、また所有権も貸しているので勝手に消すことができません。

 

このように物理サーバーの空き容量を使っていろいろなサービスがあるという例です。
上述のようなことはもちろん個人だけでなく会社も行っており、会社のホームページなんかもほとんどは自社で物理サーバーを持つことも少ないでしょう。

 

大手企業であれば物理サーバーを所有して社内のメールも一括でその物理サーバーで管理したりするのですが、普通の中小企業であれば、メールなどもサーバーをレンタルしている場合も多いです。

 

要するに、社内の人とメールをした際にやり取りした内容というのが業者の物理サーバーのなかに入っているという状態です。グーグルのメールサービスもありますが、あれもグーグルのサーバーのなかにやり取りしたデータが入っています。

 

厳密にはグーグルもそんないすべてを管理できるはずはなく、アルゴリズムの改変などいろいろ忙しいのでデータセンターに依頼しているのですが、物理サーバーに保管する形になっています。
 
これはネット上のサービスの原理原則で、必ずどこかに物理的なサーバーが存在するということです。ファックスももちろんサーバーは業者が保管しています。

関連ページ

インターネットファックスを利用したコスト削減
企業であれば未だに欠かせない通信手段としてファックスがありますが、近年登場してきたインターネットファックスというサービスでファックス通信をインターネット経由で行うことができます。インターネットファックスを利用したコスト削減について紹介しています
インターネットファックスのシステムの差し込み印刷機能
企業であれば未だに欠かせない通信手段としてファックスがありますが、近年登場してきたインターネットファックスというサービスでファックス通信をインターネット経由で行うことができます。インターネットファックスのシステムの差し込み印刷機能について紹介しています
インターネットファックスのメリットと使い方
企業であれば未だに欠かせない通信手段としてファックスがありますが、近年登場してきたインターネットファックスというサービスでファックス通信をインターネット経由で行うことができます。インターネットファックスのメリットと使い方について紹介しています
インターネットファックスは電話回線ではない
企業であれば未だに欠かせない通信手段としてファックスがありますが、近年登場してきたインターネットファックスというサービスでファックス通信をインターネット経由で行うことができます。インターネットファックスについて紹介しています
電話回線が無い場合におすすめのインターネットファックス
企業であれば未だに欠かせない通信手段としてファックスがありますが、近年登場してきたインターネットファックスというサービスでファックス通信をインターネット経由で行うことができます。電話回線が無い場合におすすめのインターネットファックスについて紹介しています